職人が積み上げたオリジナルの薪窯

Campanileの薪窯は、山宮かまど工業所の山宮裕氏が、店内で一から手積みした手作りの薪窯です。山宮氏は、中目黒「聖林館」、神谷町・駒沢「ダ・ペッペ・ナポリスタカ」三軒茶屋「ラルテ」など、日本のナポリピッツァの草分けと言われる名店を始めナポリピッツァ有名店を多く手掛けて来たピッツァ窯の国内第一人者と言われる職人です。そしてこの薪窯から延びる煙突は、「MIYAMURA WORKS」の宮村浩樹氏による作品です。宮村氏は、ナポリピッツァの薪窯用に作られる煙突にかけては日本一と言われ技能五輪国際大会入賞や第一回ものづく日本大賞など国内外の数々の賞を受賞してきた銅板アーティストでもあります。この山宮氏と村氏という、日本で考え得る最強のコンビによる薪窯がPizzeria Campanileの薪窯なのです。山宮氏が長年蓄積してきた窯づくりの繊細な技術を凝縮した薪窯とそこから延びる宮村氏による板金アーティストならではの見事な煙突の造形美は美術工藝品としての鑑賞に耐えうる素晴らしい出来栄えです。