伝統技法で熟成させた手作りの生地

ピッツァ生地は、北海道の風土に育まれた風味豊かな国産小麦を中心に、イタリア産など数種類の小麦を使用し、さらに石臼挽き小麦など粗さの違う複数の小麦を自家ブレンドしたCampanileオリジナルの生地です。そしてこの生地は、ピッツァ生地を練るのに最適と言われるダブルアームミキサーで練り上げられます。Campanileが使用するミキサーは、国産では初となるツジ・キカイ社製のミキサーであり、プロトタイプは名古屋のお店にもありますが、今回導入したダブルアームミキサーが、国産の正規品としては記念すべき第一号機となります。ダブルアームミキサーの特徴は、生地に出来るだけ負担を掛けず、より多くの空気を生地に取り込むことが出来ると言う点にあります。つまり、人の手で練るのに一番近いアーム型の形状と機能を持つことが特長と言えます。この生地を、真のナポリピッツァ協会認定のピッツァ職人が、季節や天候、その日の気温や湿度を見ながら細やかな調整を図り、ナポリの伝統製法にのっとって丹精込めて毎日練り上げます。ナポリピッツァ職人、いわゆるピッツァイオーロの伝統技術は、201712月、ユネスコ無形文化遺産に認定されました。この伝統技術を正しく受け継ぐCampanileの職人達が、毎日丹精込めて仕込み、熟成させ、薪窯で焼き上げたユネスコ認定のナポリピッツァを、皆様にお届けします。また、ナポリピッツァ最大の特徴であるコルニチョーネ(ピッツァの周りの縁の部分)のふんわり、さっくり、もっちりとした食感は、伝統製法を承継する生地、薪窯、職人の技術、この全てが揃わなければ作り出せないと言われています。その全てが揃ったPizzeria Campanile特製の本物のナポリピッツァを、是非味わいにお越し下さい。